変形性膝関節症の痛みをトレーニングで緩和しました。

膝の痛みを伴う病気は手術で治せる?手術の種類と手術をするメリット。

MENU

変形性膝関節症の痛みをトレーニングで緩和しました。

私は若い頃からの生活習慣のせいで、変形性膝関節症を患ってます。
現在私は45歳、発症は10年前の35歳ぐらいからです。
病院で診てもらっても、痛み止めをくれるだけで根本的な治療はなされませんでした。
民間病院とはいえ、結構大きな整形外科病院に行ったんですけどね。

 

このまま痛み止めで誤魔化してるだけじゃ、悪化する一方です。
そう考え私は膝関節痛用のトレーニング方法を探しました。
当時スマホは流行ってませんでしたが、自宅はネット環境とPCがあるので比較的これは簡単でした。

 

私なりに取り入れたのは、寝ながらと座ってする方法です。
立ち上がってする方法だと、自体重で負荷がかかりすぎたりするんですよね。
寝ながらするトレーニング方法は二つ、仰向けに寝て足を真っ直ぐ伸ばし30cmほど上げて15-30秒維持する方法、両足の膝関節の内側に低反発枕を入れて挟む方法です。
どちらも膝関節の筋肉を鍛えるものです。
座ってするのは、椅子に腰をかけて足先を真下にブランとした状態から水平まで持っていく方法です。
この方法を続けることで筋肉が鍛えられ、膝関節の負荷が少なくなったんでしょうね。
今も膝関節痛を感じることはありますが、以前と比べるとかなり改善していて生活しやすくなりました。